真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 28日

ロシア支援をして領土返還の必要性をなくした自民党世襲ボケ外交の愚

★ロシア首相、北方領土訪問の意向 大統領訪日交渉に暗雲
 ロシアのメドベージェフ首相は23日、モスクワ郊外で開いた閣議で、近く北方領土を訪問する意向を明らかにした。島を国境防衛の拠点として強化する考えも強調した。日本側が年内のプーチン大統領の訪日実現を目指した交渉を進めていることを背景に、北方領土問題で妥協の余地がないことを示す狙いとみられる。

 実際に北方領土を訪問すれば、大統領時代の2010年、首相時代の12年に続いて3回目。日本政府は強く反発することとなり、安倍晋三首相が目指すプーチン氏の年内訪日も困難になりそうだ。

 タス通信によると、この日の閣議では、2016〜2025年のクリル諸島(北方領土と千島列島のロシア側呼称)発展計画を基本的に承認。国家予算から700億ルーブル(約1540億円)を割り当てる方針だ。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3531395&media_id=168&from=category_news

(解説)

ロシアが、一番お金がなくて困っていた冷戦終了直後に、よい領土交渉が出来なかった自民党。
驚くべくは、人道支援と称してロシアを支援したことだ。

自民党のダブスタ外交は、竹島に関してもそうだが、当然ロシアに関しても同じ失敗を繰り返している。
平和条約が締結されていなくても、貿易は別腹という姿勢で、故意にロシア経済を潤わすことをしている。
現在ロシアは、経済再生がなされ、北方領土の防備を固める為に、フランスから強襲艦2隻を購入した。

背進行為ともいうべくフランスにも、抗議をしていない自民党である。

このように、経済が潤えば、領土を返還する理由が一切なくなるのである。
それどころか、長距離爆撃訓練の再開もし、経済再生を背景に軍拡路線に戻っている。

世襲ボケした自民党は、相手国に親切にすれば「日本さん、ありがとう、お礼に領土を返還しますね!」と言うと思ったのだろうか?
経済が潤い返還する理由がなくなったら、返還しないのは、竹島をみても分かることである。

子供のころに、まともに喧嘩もしたことがないから、こう言うボケた外交になるのではないか?
金持ち喧嘩せず、なんて言うのは屁理屈で、相手国からみて「馬鹿かこいつら」くらいである。
[PR]

by ainu-1 | 2015-07-28 06:47 | ☆ 自民党について


<< 自衛隊が脅威なのか?解放軍が脅...      自民党狂信者は、ODA削減の為... >>