真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 01日

成人18歳、極左自民党の日本腐敗計画の愚

☆<成人18歳>20年にも 民法改正案、来年提出
 法務省は1日、民法の成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げるための改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めた。改正法が成立した場合、施行までに3年間の周知期間を想定しており、早ければ2020年にも成人年齢が18歳になる。1876(明治9)年の「太政官布告」で満20歳になった成人の定義が変わる。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=4171339&from=home&position=1

(解説)

極左自民党は、下記を目論んでいる。

1 ローン、クレジット会社から票を取るため
2 酒やタバコ業者から票を取るため
3 国民年金を18歳から年金を支払わせて、年金運用の損失、09年で9兆円、現安倍政権で5兆円のこげつきを穴埋めするため
4 18歳成人にすることで、悪いことも含めて消費を拡大して、各種税金を搾り取るため
5 若者を腐敗させることで、極左自民党が推進している、多量外国人引き込みを正当化できるため

ことば 左翼=改革派の意味
国民の望まない売国改革を推進する極左自民党は、右翼に嫌われています。
支持をしているのは、日本人のフリをした、反日の外国人です。

左翼安倍が、在日特権の緩和をしたり、パクに10億円を無償献上していますが、反日活動家や反日マスコミが支持しています。
[PR]

by ainu-1 | 2016-09-01 19:07 | ☆ 自民党について


<< NHKと共謀関係にある左翼自民...      「配偶者控除」見直し、国内では... >>