真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 05日

重国籍を推進して来た自民が、蓮舫批判は、筋が通らない!

☆小野田参院議員も二重国籍
 自民党の小野田紀美参院議員(33)=岡山選挙区=は4日、日本と米国の二重国籍の状態にあり、米国籍の放棄手続きを進めていると明らかにした。民進党の蓮舫代表に台湾籍が残っていたことが報道されたため調べたところ、自らも米国籍が残っていたことが判明した。

 小野田氏の事務所は4日、「知識不足で米国内での手続きが完了できていなかった。大変申し訳ない」とのコメントを出した。
 小野田氏は米国生まれで父が米国人、母は日本人。今年7月の参院選で初当選した。事務所によると、昨年10月に参院選への立候補が決まった際、日本国籍の選択と米国籍放棄の手続きを日本で終えたが、国籍法が努力義務を課している米国での放棄手続きが完了していなかった。
 安倍晋三首相は3日の衆院予算委員会で、国会議員の二重国籍について「ことさらチェックしていないが、基本的に我が党の議員は二重国籍ではないという認識に立っている」と答弁していた。
http://mainichi.jp/articles/20161005/k00/00m/010/074000c

(解説)

これ、自民党狂信者は、米国との重国籍ならいいという認識でしょうか。
そもそも、重国籍を推進して来たのが、自民党なのですが、マスコミは叩きませんね。
座長は、河野太郎ですが、任命したのは、麻生太郎です。
ほか、国籍法改正案を閣法として、国会に提出したのも、麻生太郎ですが・・

蓮舫が、台湾籍をもっていたことを、外省人だと捏造をして、あたかも中国籍があるかのように酷い誹謗をしたのが、根性と性格が悪い狂信者です。
自民党狂信者の汚い捏造は、まるで反日の韓国人にそっくりです。

そして常に、自民党狂信者の論は、日本人離れしており異常者というべき酷いものです。
極左安倍が、2016年2月までに中共に1200億円も献上しています。
かつての自民党政権で、3兆円も献上しているんです。
それでも、極左自民を売国政党だと一切言わず、蓮舫を売国奴だと捏造しているんです。

蓮舫は、極左安倍のようなことはなく、1銭も中共に献上していません。

また、選挙権がないのに、立候補した自民丸川。
安倍内閣にいる、もとキム。
さらには、安倍自身が、複数筋で韓国人だという話があります。

とてもではありませんが、蓮舫のことを言えないと思います。
襟を正すのは、極左自民の方でしょう。

関連
自民安倍を韓国人だとする意見を無視するマスコミ
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20160907#p2
[PR]

by ainu-1 | 2016-10-05 07:28 | ☆ 自民党について


<< 民主党の愛国政策、クールジャパ...      ロシアを支援して来た極左自民、... >>