真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 10日

改正・ストーカー規制法、悪党には有効なれど出会い望む男性は消極的に

☆ストーカー規制法の改正案が成立 SNSやブログでのつきまといもアウトに
 「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の一部を改正する法律案が衆議院本会議で全会一致で可決され、成立しました。同法案が改正されるのは2000年の成立以来2回目。これによりSNS等でのつきまといも取り締まりがしやすくなります。

 旧来の法案では電話やメールでのつきまといであれば対応できましたが、SNSなどは対象外となっていました。改正案では対象がTwitterやLINEといったSNSや、ブログのコメント欄にまで広げられたのに加え、緊急の必要がある場合に警察が警告無く禁止命令を出すことができるようになります。また、比較的軽かった量刑も「6月以下の懲役または50万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」に引き上げられました。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4328692&media_id=128&from=access_ranking

(解説)

悪党を退治するには、いいとは思います。
しかし、法律で、あれも規制、これも規制ってなって来ると、世の中の男性も出会いに消極的になるのでは?

些細なことで訴えられると思えば、男性も、大胆な行動に出られなくなります。
いわゆる押しの強い人っていうのが、小さくなっていないといけない時代になります。

今、未婚率が上昇し、少子化も拡大していますよね?
こうした法案は、逆効果じゃないのでしょうか。

例えば、道徳の時間や、ホームルームの時間に、こうあるべき!っていうのを子供のころか教えれば、それが常識になりますよね?
法律で、がんじがらめにすることが、全てではない様に思うのですが…

あと「ただしイケメンに限る」かもですが、イタリアでは、しつこい人が最終的には勝ちます。
女性は、これだけしつこく迫って来るのだから、この人と付き合ったら、幸せになると思うそうです。
ただ、誰でもいい訳じゃなくて、許容範囲内が、前提条件かも知れませんが。

まず、法律で縛った場合、思いが強い=情熱的 っていう発想はなくなるでしょうね。
草食系から、絶食系、さらに、違反者になりたくなくて一切動かない、不動系に発展するのかどうか。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-10 20:06 | ☆ 自民党について


<< 民進原口に関する、自民党狂信者...      左翼安倍が支援したパク倒れ、血... >>