真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 26日

ゆがんだ天皇陛下への思い、極左自民党狂信者の愚

☆天皇陛下、新年の感想取りやめ=年末年始の負担軽減で―宮内庁
 宮内庁の西村泰彦次長は26日の定例記者会見で、23日に83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下の負担軽減のため、新年に当たっての感想の発表を、来年から取りやめると発表した。

 陛下は即位以降毎年、年頭に当たっての感想を宮内庁を通じて文書で発表していた。西村次長によると、年末年始は天皇誕生日や新年の祝賀など恒例の行事が多く、新年の感想以外に記者会見や一般参賀のあいさつの原稿なども準備する必要があるため、高齢の陛下には負担が大きいと判断。陛下の了解を得た上で取りやめを決めたという。

 天皇、皇后両陛下が昨年詠んだ和歌の発表や、1月2日の一般参賀など恒例の行事は例年通り行う。西村次長は「宮内庁としては陛下のご年齢に応じた公務のあり方を常に検討しており、今回もその一環」としている。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=4359413&from=home&position=1

(解説)

極左自民党狂信者が、こう述べています。

「自民党政権に戻ってから、天皇陛下の露出が多くていいですね。」

これって、反日の在日の感想でしょうか?
露出が多いということは、それだけ天皇陛下が酷使されているということなんです。
スケジュールが、詰められているってことなんです。

自分のことしか考えていないから、露出が多くていいとか言って、酷使されてる側のことなんて、何も考えてない。

民主党政権下の時に、仕事を減らして欲しいという要望が、皇室側から出ており、要望を快諾しています。

常に自民党狂信者のデマ捏造は、反日の在日にそっくりです。
シュウキンペイが、天皇陛下と会った時に、高級文具をプレゼントした上で「お会い出来て光栄です」と述べています。
ところが、自民党狂信者は、高級文具をプレゼントしたことや「お会い出来て光栄です」言ったことを全部なかったことにして、民主党批判。

やり方、やりクチ、まるで反日の韓国人にそっくりなのが、朝鮮自民党支持者。
彼らから、日本人の雰囲気がまったくしない。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-26 17:42 | ☆ 自民党について


<< PKO日報破棄、左翼自民の北拉...      不戦の誓いは米国間とだけ、左翼... >>