真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 03日

極左自民を支持する左翼新聞は、外国人受け入れを肯定の愚

☆外国人の受け入れ、中小の45%が「必要」と回答 日商が調査、単純労働への期待大
 日本商工会議所は28日、中小企業の「外国人材受け入れ」に対する意識調査結果を発表した。それによると受け入れ促進が「必要」とした企業は45・5%、「わからない」が40・4%で、「不要」との回答は14・2%にとどまった。中小企業で人手不足が深刻化している中、外国人材の受け入れに対しても前向きになっているもようだ。
http://www.sankei.com/economy/news/161228/ecn1612280023-n1.html

(解説)

韓国資本の入る、左翼新聞。
統一協会(合同結婚式)の意見広告を掲載したことがある唯一の新聞。
極左自民が、少子化対策をせずに来たことを指摘もせず、外国人受け入れ政策を支援するような記事になっている。

民主党政権の時は、人材のマッッチングの問題だとしていましたが…
と言うのは、欲しい企業、働きたい人を上手く結びつけることが重要だと。
しかし、自民党政権で、そう言う話がどっかいっちゃいましたね。

そして、
移民を牽制する民主党の子供手当を政治妨害したのは、極左自民であるが、産経は自民の愚劣な行為を批判もしていない。
韓流ゴリ押しのフジテレビ会長とゴルフを楽しむ、韓流肯定の左翼安倍。

まさに、左翼が左翼を支援する構図ですね。
いま日本は、極左が右翼を弾圧して、左翼一色にしようとしています。
[PR]

by ainu-1 | 2017-01-03 18:07 | ☆ 自民党について


<< 極左自民のマッチポンプ、尖閣問...      天皇陛下のおことばに秘められた... >>