真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 06日

慰安婦像問題焦点ボカシ、なぜ極左自民党支持者は、極左自民の売国を批判しない!

☆駐韓大使、一時帰国へ 少女像設置に対抗「即時撤去を」
 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国南部・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置されたことへの対抗措置を発表した。長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事の一時帰国や日韓通貨スワップ協定の協議中断など4項目。2015年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意の着実な実施を迫る姿勢を鮮明にした。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&id=4372826&from=home&position=8

(解説)

なぜ、こう事態がおきているのかと言うと、極左自民の反日外交の成果なんです。
慰安婦像撤去、問題を蒸し返さない、確約も取らず韓国に10億円も無償献上したじゃないですか?
そもそも、国賊自民は、11兆円も韓国に献上して来たんです。

14年も続いたスワップを中止宣言したのは、民主党です。
それを、竹島問題も切り出さずに、再開しようとしたのは、国賊自民党じゃないですか。
マッチポンプもいいところです。

反日極左の自民党支持者は、国賊自民の売国を一切批判しようともしません。
彼らは、愛国者じゃないんです。
[PR]

by ainu-1 | 2017-01-06 17:47 | ☆ 自民党について


<< 媚韓自民、幼稚な外交が韓国の横...      中国公船、ストーカー規制、左翼... >>