真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 31日

庶民ウケの悪い<教育無償化財源対案>「こども保険」

☆<教育無償化財源対案>「こども保険」を提言…自民小委
 自民党の小泉進次郎農林部会長ら若手による「2020年以降の経済財政構想小委員会」は29日、教育無償化の財源を社会保険料で賄う「こども保険」を創設する提言をまとめた。党内で浮上している「教育国債」の対案の位置づけとなる。教育財源確保に関する「特命チーム」(主査・馳浩前文部科学相)は両案を軸に検討を進める方針だ。

 提言によると、こども保険は高齢者に偏った社会保障給付を変え、「現役世代を社会全体で支える」との発想に基づく。厚生年金保険料率を0.2%(労使折半)、国民年金の加入者から月160円をそれぞれ上乗せ・徴収して年間約3400億円を確保。小学校就学前の全幼児(600万人)に月額5000円を支援する内容だ。

 党が目指す大学と幼児教育の無償化には5兆円が必要だが、小泉氏は29日の記者会見で「大学改革をせずに(大学無償化は)疑問だ」と説明。こども保険導入後、幼児教育の完全無償化(1.7兆円)に向け、保険拡大を目指す考えも示した。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=voice&id=4502358

(解説)

本件に関する、庶民の意見は、つぶやきで確認出来る。
http://news.mixi.jp/list_quote.pl?type=voice&sort=feedback_count&news_id=4502358&from=view_news_top

これが、庶民の本音だと思われる。

しっかし、外界への巨額バラマキをやめれば、余計なことせずとも、どうにかなるんじゃないかと。

またまた、国民には圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20170117#p2
[PR]

by ainu-1 | 2017-03-31 19:16 | ☆ 自民党について


<< 左翼安倍ついに本性現す「韓国と...      予算最大なれど、国民への締め付... >>