真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 06日

左翼自民が育てた中国、米企業購入で猛威振るう

☆米GE、「電球」手放す可能性=創業者エジソンが発明
 白熱電球の発明で知られるトーマス・エジソンが創業した米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)が、電球など消費者向け照明事業の売却を検討していることが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が5日、報じた。
 報道によると、同事業の売却は確実ではないものの、GEは投資銀行などと協議を続けている。売却額は約5億ドル(約550億円)の見込み。商業向けを含む照明部門の昨年の売上高は約22億ドルで、GE全体の2%に満たない。
 経営再建を進めるGEは、収益性の低い家庭向け部門を縮小し、航空機エンジンや発電用タービンなど産業部門への傾斜を強めている。昨年には、家電部門を中国の海爾集団(ハイアール・グループ)に54億ドルで売却した。 
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170406/Jiji_20170406X770.html

(解説)

>昨年には、家電部門を中国の海爾集団(ハイアール・グループ)に54億ドルで売却した

日本でも、ラオックスが、中国企業に買われましたね。
左翼自民が、中共に3兆円も支援して、育てて来たことが原因で中国が猛威を振るっています。

新幹線の技術漏洩も致命的でしたし、尖閣諸島のガス田櫓でも、いいようにやられています。
こうしたことは全て、左翼自民の売国姿勢や、弱腰外交から来ています。
自民が契約した、レンタル・パンダ。苦笑しますね。

左翼安倍は、尖閣諸島に関して「中国には中国の言い分がある」と公式に認めています。

米新聞にも、中国を育てたのは自民だと批判が書かれていたことがあります。

第一次、左翼安倍内閣の方針

1 中共人500万人交流提言
2 中共30万人留学提言
3 ODA拡充推進
4 中国史観の共有

民主党政権が、対中シフトを導入したから、かろうじて安倍がエセ右翼にみえているだけです。
左翼安倍の本心は、福島瑞穂の50倍左です。
[PR]

by ainu-1 | 2017-04-06 17:55 | ☆ 自民党について


<< 異例、再配達抑制に左翼自民・公...      総連・民団系パチンコを違法化・... >>