真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 10日

左翼自民・公明の巨大ストレス、現役自衛官を直撃する?

☆20代の幹部自衛官、護衛艦内で拳銃自殺未遂か
 神奈川県横須賀に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の艦内で、8日午前5時ごろ、20代の幹部自衛官が血を流して倒れているのを当直員が発見しました。この自衛官は市内の病院に搬送され、命に別状はないということです。
 現場の状況から自らを拳銃で撃ったと見られ、海上自衛隊では、警務隊が捜査を進めるとともに、事故調査委員会を立ち上げ、拳銃の管理体制に問題がなかったかなどを調べることにしています。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170408/Tbs_news_88115.html

(解説)

以前から、横須賀でイジメの問題があったり、自殺の問題が出ています。
これは、左翼自民・公明からのストレスからなるものではないか?

左翼政権は、愛国心のある人に大きなストレスを与えている。

1 集団的自衛権で韓国軍の後方支援が出来ると安倍が明言
2 中国の抗日パレードに参加した韓国軍を観艦式に参加させる
3 民主党が提言した竹島単独提訴を左翼安倍が中止宣言
4 民主党が中止にした対韓スワップを左翼安倍自民が再開を計画
5 朝日が虚構を認めた慰安婦問題を事実認定して、左翼安倍がパクに10億円支払う

左翼自民・公明の売国は、愛国者からみて「なんでー?」となるものばかりである。

自国の防衛を強固なものにしたいのなら、個別的自衛権の議論であるが、集団的自衛権の方にいってしまう。
こうした、矛盾を自衛官は感じ取り、大きなストレスとなってイジメが発生したり自殺が起きるのではないか?

竹島の侵略者である韓国に制裁もせず、笑顔で握手をする、左翼安倍など。
侵略者に大金を無償で献上してしまう。

現役自衛官からみて「やれやれ、これが日本国の最高指揮官か?」と思えるのである。
[PR]

by ainu-1 | 2017-04-10 20:13 | ☆ 自民党について


<< 浅田真央、キムヨナ、スケート靴...      保守道を徹底したい「民進党の長... >>