真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 14日

米シンクタンク、日中戦争なら5日で日本敗北と憶測を公表する

☆日中が武力衝突したら、中国は「わずか5日」で日本を打ちのめす=中国報道
 米国には「ランド研究所」と呼ばれるシンクタンクが存在する。米国の宇宙開発、情報処理、人工知能やまた教育関連や健康、裁判、環境とエネルギーなど実に様々な分野について研究を行うシンクタンクだ。

 またランド研究所が研究を行う分野の1つには「戦争シミュレーション」も含まれているが、中国メディアの捜狐が11日付で掲載した記事は、ランド研究所が行った「日本と中国の武力衝突に関するシミュレーション」の内容を紹介している。

 記事は、ランド研究所が行なったシミュレーションの予測として、もし日本と中国の間で武力衝突が発生した場合、「中国が日本を打ち負かすのに必要な時間はわずか5日間」、「東京は中国によって占領されることになる」との結果が出たことを紹介。またランド研究所は日中の武力衝突は中国による「一方的な結果」に終わる可能性が高いため、米軍は出動しない方が良いと注意を促しているとも説明した。

 このシミュレーションは「日米同盟を考慮しない」という前提で行われたと紹介。中国は空軍、海軍などにおいて日本よりもかなり強力な武器、兵器を持っており、特に空母艦隊、大型輸送機Y-20、艦上戦闘機J-15、ステルス戦闘機J-20、戦闘爆撃機Jー16などの最新鋭兵器が投入されることにより、中国人民解放軍は自衛隊に「完全に対処」できると予測していると伝えた。

 また記事は、中国のロケット軍は開戦後5時間以内に159発のミサイルを日本の軍用飛行場、基地、石油タンク、兵営などにめがけて発射でき、また「東風ミサイル」のスピードは速いため、たとえ米国が日本の要請に応じて空母を派遣したとしても日本側に生じる被害を軽減することはできないなどと伝えた。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170413/Searchina_20170413031.html

(解説)

まず、これから書く本題は、けっして中国に媚びろと言うことではない。
むしろ正確な情報を知ることで、策の検討が出来ると言いたい。

私は、自民狂信者が、動画サイトにあげる「中国は大したことない」は、愚行だと思う。
これは、二次大戦の時と同じ姿勢である。
二次大戦の時に「米英の兵は根性がなく、大和魂がない、食い下がっていけば絶対に降伏する」と、日本兵は教育されていた。

現在の動画も「大したことない、大丈夫だ」こればかりであるが、二次大戦下の教育を思い出させる。

本当に必要なのは、集団的自衛権ではない。
防衛型の長距離ミサイルを保持して、核攻撃を受けた場合は、報復として北京を攻撃出来るようにしておけば、それだけでも抑止力になる。

インドの核兵器が、先制攻撃禁止と、決まっている様に、日本は通常型の防衛ミサイルを保持し、憲法の範囲内でやればいい。

戦略型ミサイル = 侵略戦争に使う為のミサイル
防衛型ミサイル = 有事の報復を前提としており侵略戦争には使わない先守防衛理論に適合したもの

防衛型ミサイルは、憲法改訂せずとも、保持出来る。
種子島と、ほか一カ所、民家のないところに基地があればいいと思う。
[PR]

by ainu-1 | 2017-04-14 18:28 | ☆ 日本の防衛について


<< 別件、アッキード事件、安倍夫人...      ロシアが米批判、ロシアに300... >>