真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 28日

中国の育ての親「左翼自民党」中共の脅威を作ったのは自民だった!

☆日本の対中ODAがすごかった!その驚きの金額―米華字メディア
2017年4月24日、米華字メディア・多維新聞によると、日本の対中政府開発援助(ODA)は、田中角栄首相(当時)の訪中をきっかけに、1979年から30年以上にわたって行われたが、その総額は3兆円に上り、海外から中国への援助で、日本は66.9%を占める最大の援助国だった。

79年から2013年度までに中国が日本から供与された有償資金協力(円借款)は3兆3164億円、無償資金協力は1572億円で、さらに1817億円の技術協力が行われ、総額3兆円以上のODAが実施された。

関連プロジェクトは、衛生や環境保護、教育、農業、貧困対策など多岐にわたり、2000年以降は港湾施設やエネルギー、鉄道、通信などインフラ整備にも協力。人材の交流や育成には年3000万ドルの援助も行っていた。

この報道に、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「日本は恩知らずを育ててしまったな」
「今度は中国がその立場になる時だ」
「援助はみんな政治家や役人のポケットに入ってしまい、一般人には利益どころか、知る権利すらなかった」

「しかし、日本は中国にとって最大の侵略国だった」
「中国に対する破壊に比べれば、援助などささいなものだ」

「利息不要とはいえ、大部分は返済しなければならない借金だ」
「プラザ合意以降、円高が進んだ。中国は為替で大きく損したはず」
「無償援助といっても、それは日本の製品を買うための資金。中国は格安で石炭を日本に売ってやったのだから、借りなどまったくない」
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170426/Recordchina_20170426030.html

(解説)

この報道は、正確じゃないですよね?
有償ODA終了以降も、自民の強い主張により無償ODAが継続していた。
民主党が、対中ODAの見直しや、大幅削減を提言しても「ODAをやめると外交が出来なくなる」と自民は反発をしていた。

環境支援や、不発弾処理などを含めたら、3兆円なんてものじゃないでしょう。

現在も、安倍と二階が共謀して、100億円の無償献上。
石原伸晃が、1000万円の廃油資金提供など、ことあるごにと無償提供されている。
[PR]

by ainu-1 | 2017-04-28 10:36 | ☆ 自民党について


<< 左翼自民「年金受給開始70歳 ...      【仰天】自民が引き込んだ中国人... >>