真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 14日

安倍自民「北朝鮮のミサイルに感謝している」ナチスの手口も…

☆北朝鮮が弾道ミサイル、高度2000キロ超で新型の可能性
要旨抜粋
 日本政府は北京の外交ルートを通じて北朝鮮に抗議した。安倍晋三首相は官邸で記者団に対し、「断じて容認できない」と発言。「度重なるミサイル発射はわが国に対する重大な脅威であり、国連の安保理決議に明確に違反する」と述べた。岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相と、谷内正太郎国家安全保障局長は米マクマスター大統領補佐官とそれぞれ電話で会談した。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=voice&id=4571141

(解説)

ここは、麻生太郎の皮肉を引用しましょう。

「北のミサイルに感謝している」

これは、自民が北のミサイル脅威を引き合いに出して、問題と対峙しているのが自民なんだと言う演出で…
それによって自民の支持が安定することを「北のミサイルに感謝している」と冗談で述べたものだ。

皮肉?演出?とは…

安倍は、在日パチンコの違法化や大幅課税をしないと過去明言をしている。
北への高額送金も申請さえすれば出来る。

そもそも、安倍・小泉が拉致主犯に1兆円以上も無償献金しているではないか?
どう勘定しても、まともにミサイル問題に取り組んでいないのは明白だが、ミサイル問題を騒ぐことで支持が安定する。
だからこそ「北のミサイルに感謝している」なのである。

森友問題、ミサイル問題ですったもんだしている内に、憲法改正の話も出て来た。
麻生太郎が言う…

「ナチスの手口に学んだらどうか?」
「ナチスでは、国民の知らないうちに憲法が変わっていた」

安倍が、中国・韓国に大金を献上しながら、特アと戦っているという演出にして、国民の知らないうちに憲法が変わるかも知れない。
まさに、ナチスの手口に学んだのでしょう。
[PR]

by ainu-1 | 2017-05-14 21:12 | ☆ 自民党について


<< 北ミサイルは第三国に営業目的の...      尖閣諸島、自民安倍は中国には中... >>