真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

米国、ロシア、中国、韓国などあらゆる国に大金を献上した極左安倍自民

☆首相動静―12月31日
 【午前】宿泊先の東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」で過ごす。

 【午後】0時、レストラン「フィオレンティーナ」で、昭恵夫人と食事。5時49分、ステーキハウス「オークドア」で、昭恵夫人、母親の洋子さん、安倍寛信三菱商事パッケージング社長、岸信夫外務副大臣ら親族と食事。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=voice&id=4366774

(解説)

本来なら、批評すべきは、全周囲土下座外交じゃないですか。
米国、ロシア、中国、韓国などあらゆる国に大金を献上したのが、極左安倍自民なのだから…

大金を各国に献上して、それでいて、日本の借金は増大。
しかも物価引き上げをして、収入の目減り感も増大。
コスト高にすることは、空洞化解消にはなりません。

子育て支援金が、3000億円足りないと言いながら、下記のバラマキ。

またまた、国民には圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20161104#p2

これが、極左が支持する自民の実態です。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-31 19:03 | ☆ 自民党について
2016年 12月 31日

民主党政権がどう日本の防衛に貢献したか、石垣島に自衛隊

☆石垣島の陸自配備、市長が受け入れ表明 500人超規模
 沖縄県石垣市に陸上自衛隊を配備する防衛省の計画について、中山義隆市長は26日、計画を受け入れると記者会見で表明した。市民の中には反対する声もあり、中山市長の対応が注目されていた。

 市秘書課によると、中山市長は、尖閣諸島周辺での中国公船による領海侵犯や、北朝鮮によるミサイル発射などの事例を挙げ「シーレーンの確保や大規模災害などの対応で、南西諸島地域の防衛体制の充実がきわめて重要」と述べた。防衛省に26日、配備に関係する市の事務手続きを開始すると伝えた。

 防衛省の資料によると、計画では石垣島には500~600人規模を配備。初動対応にあたる警備部隊のほか、地対空、地対艦ミサイルを担当する部隊を置く。9月に市議会が「自衛隊配備を求める決議」を賛成11、反対7で可決した一方で、駐屯候補地とされる地域周辺の4自治会は「情報がない」などとして配備反対を決議している。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4359783&media_id=168&from=category_news

(解説)

この成果が、民主党政権によるものだと述べたところ、どのようなことからか?質問を受けました。
そこで、記載したい。

冷戦終了後に、自衛隊は、対中シフトに切り替えて欲しいと、自民党に要望を出していました。
しかし、中国を刺激するという理由から、自衛隊の意見を無視していました。
よく、自民党狂信者が捏造することで、野党が妨害するからだと言いますが、野党の意見で防衛が捗らなかったのではありません。
自衛隊の要望を無視していたのは、自民党そのものです。

民主党政権で画期的な変貌があります。
防衛大網に、対中シフトが堂々と掲載されたこと。
自衛隊観閲式で、これまで避けられて来た、対中批判を堂々とおこなっったこと。
などがあげられます。

ほかにも、大きな変貌があります。
歴代自民党の総理は、官僚が書く原稿から「日米同盟」ということばを削除して演説をしていました。
これは、中国を刺激したくないという理由ですが、米国政府関係者が落胆をしていました。
しかし、民主党の演説から、はっきりと同盟ということばを導入しています。
以降、現在の自民党でも、同盟ということばを演説に入れたまま、おこなうようになっています。

自民党は、官僚のお陰で右翼にみえることがありますが、社民党の50倍酷い極左だと言えます。
防衛官僚が、自民党の裏話を暴露していますが、とにかく防衛に関心がなく、自発的に装備を買うことなどないと真実を語っています。
その証拠に、自衛隊が対中シフトに切り替えるように長年要望を出していても無視でした。

世間は、自民党という政党を誤認していると思います。


本年は、真実の政治家ブログ版/コミュを贔屓にしてくださってありがとうございます。
副管理人、日本大和
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-31 11:34 | ☆ 日本の防衛について
2016年 12月 30日

対ロシア外交、左翼自民には普通の日本人の価値観が欠如している!

☆日ロ会談「がっかり外交」=民進・野田氏
 民進党の野田佳彦幹事長は26日の記者会見で、第2次政権発足から4年を迎えた安倍晋三首相の経済運営について、「デフレから脱却しているわけではない。金融政策で鳴り物入りでスタートしたが、結局それだけだ。足りないから財政政策に頼るようになった」と批判した。先の日ロ首脳会談についても「ずいぶん期待値は高かったけれど、がっかり外交の典型だ」と指摘した。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4359598&media_id=4&from=shared_ranking

(解説)

野田さんが、いうとおり、がっかり外交ですね。
反日極左、自民党には、普通の日本人の価値観が欠如しています。

まず、ロシアの銀行に40億円入金して、のち100億円の支援を用意している訳です。
それでも、領土にミサイル配備をロシアはする訳じゃないですか?
普通の人間なら、外交の場で抗議しているでしょう。

「ミサイル配備、これは一体どういうことなのですか!」

くらい常識ある人間ならいうでしょ?
支払っている大金は、国民の税金ですよ。

幼稚な外交をひたすら隠す為に必死で、嘘をつく極左自民は、中共の悪質さと酷似している。

そしてロシア外交の失敗から、媚米外交路線に戻して、真珠湾慰霊をした訳です。
それなら、最初からロシアに大金なんて献上せず、単に媚米外交でよかったんじゃないですか?
あっちふらふら、こっちふらふら…って感じです。

韓国のパクに、左翼安倍が10億円献上したのでだって、パク救済の為でしたが、失脚しますね。
無意味な外交と、血税の浪費。
そして、我々国民には、負担増。なさけない外交です。

慰安婦の件も、真珠湾慰霊も、ロシア外交も、
これでまた、日本の教科書に自虐史観が、一層のこと定着してしまいます。
何も戦後体制の脱却がありません。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-30 13:53 | ☆ 民進党について
2016年 12月 29日

皇室問題、左翼安倍自民の野望をぶちやぶれ!

☆「皇室典範改正を」民進・野田氏、小林よしのり氏と対談
 民進党の野田佳彦幹事長は29日、天皇陛下の退位をめぐり、漫画家の小林よしのり氏と党のインターネット番組で対談した。2人は政府の検討する今の天皇陛下に限った特例法ではなく、恒久的な制度とするよう皇室典範を改正すべきだとの考えで一致した。

 民進は21日に発表した論点整理をまとめるにあたり、小林氏ら有識者7人にヒアリングしていた。

 小林氏は対談で、政府の有識者会議による専門家ヒアリングの対象者に、退位そのものに否定的な人が多数含まれていたと指摘。結果として恒久的な制度とすべきだとの声が薄められ、「非常に作為的で(特例法による一代限りの退位とする)結論ありきで進められたことに納得できない」と批判した。

 野田氏は天皇陛下も国民の多数も恒久的な制度を望んでいるとしたうえで、「陛下のお気持ちを十分そんたくし国民の声をしっかり受け止めて、来年の通常国会の法整備の議論に積極的に参画していく」と語った。

 野田氏は対談後、党として来年の通常国会で皇室典範改正案を提出するのか記者団に問われ、「他党とまず協議することが大事であって単独で突っ走るという話ではない」と否定した。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4364694&media_id=168

(解説)

左翼安倍が、天皇陛下は男性でないといけないと述べています。
一議員が、皇室に対して、指図するのは実におかしいことです。

また、左翼安倍は、公明党と連立が組みたくて、がんばって来ました!と述べています。
公明党の理想は、ソウカの代表を国家元首にすることで、天皇陛下とソウカの代表をすげ替えることです。
こうした行為は、天皇陛下に対する背信行為です。

左翼自民は、かつて民主党と連立しない理由は、支持率が低いからだと明言しています。
自民は、実にくだらない政党だと言えます。
天皇陛下の失脚をもくろむ公明党の方が、マシという考え方は、クレージーだと断言出来ます。

保守派は、反日極左自民の支持をやめるべきです。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-29 23:01 | ☆ 民進党について
2016年 12月 28日

戦後体制の脱却が出来ない左翼安倍、70年経って真珠湾演説

☆<真珠湾慰霊>安倍首相の演説全文
 安倍晋三首相は27日(日本時間28日)、ハワイ・ホノルルでオバマ米大統領と会談し、真珠湾のアリゾナ記念館を訪問後に現地で演説した。首相の演説は以下の通り。

 オバマ大統領、ハリス司令官、ご列席の皆さま、そして、すべての、アメリカ国民の皆さま。

 パールハーバー、真珠湾に、いま私は、日本国総理大臣として立っています。

 耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。降り注ぐ陽の、やわらかな光に照らされた、青い、静かな入江。

 私のうしろ、海の上の、白い、アリゾナ・メモリアル。

 あの、慰霊の場を、オバマ大統領とともに訪れました。

 そこは、私に、沈黙をうながす場所でした。

 亡くなった、軍人たちの名が、しるされています。

 祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て、乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いたとき、紅蓮(ぐれん)の炎(ほのお)の中で、死んでいった。

 75年が経ったいまも、海底に横たわるアリゾナには、数知れぬ兵士たちが眠っています。

 耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。

 あの日、日曜の朝の、明るく寛(くつろ)いだ、弾む会話の声。

 自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。

 最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。

 生まれてくる子の、幸せを祈る声。

 一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、恋人がいた。成長を楽しみにしている、子どもたちがいたでしょう。

 それら、すべての思いが断たれてしまった。

 その厳粛な事実を噛(か)みしめるとき、私は、言葉を失います。

 その御霊(みたま)よ、安らかなれ--。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。


*   *   *


 オバマ大統領、アメリカ国民の皆さん、世界の、さまざまな国の皆さま。

 私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪った、すべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ、無辜(むこ)の民の魂に、永劫(えいごう)の、哀悼の誠を捧げます。

 戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。

 私たちは、そう誓いました。そして戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。

 戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

 この場で、戦艦アリゾナに眠る兵士たちに、アメリカ国民の皆さまに、世界の人々に、固い、その決意を、日本国総理大臣として、表明いたします。


*   *   *


 昨日、私は、カネオヘの海兵隊基地に、一人の、日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。

 その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのをあきらめ、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。

 彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。攻撃を受けた側にいた、米軍の人々です。死者の、勇気を称(たた)え、石碑を建ててくれた。

 碑には、祖国のため命を捧(ささ)げた軍人への敬意を込め、「日本帝国海軍大尉」と、当時の階級を刻んであります。

The brave respect the brave.

 「勇者は、勇者を敬う」

 アンブローズ・ビアスの、詩は言います。

 戦い合った敵であっても、敬意を表する。憎しみ合った敵であっても、理解しようとする。

 そこにあるのは、アメリカ国民の、寛容の心です。

 戦争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底の中で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは、米国であり、アメリカ国民でありました。

 皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は、未来へと、命をつなぐことができました。

 そして米国は、日本が、戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた。米国のリーダーシップの下、自由世界の一員として、私たちは、平和と繁栄を享受することができました。

 敵として熾烈に戦った、私たち日本人に差しのべられた、こうした皆さんの善意と支援の手、その大いなる寛容の心は、祖父たち、母たちの胸に深く刻まれています。

 私たちも、覚えています。子や、孫たちも語り継ぎ、決して忘れることはないでしょう。


*   *   *


 オバマ大統領とともに訪れた、ワシントンのリンカーン・メモリアル。その壁に刻まれた言葉が、私の心に去来します。

 「誰に対しても、悪意を抱かず、慈悲の心で向き合う」。

 「永続する平和を、われわれすべてのあいだに打ち立て、大切に守る任務を、やりとげる」。

 エイブラハム・リンカーン大統領の、言葉です。

 私は日本国民を代表し、米国が、世界が、日本に示してくれた寛容に、改めて、ここに、心からの感謝を申し上げます。


*   *   *


 あの「パールハーバー」から75年。歴史に残る激しい戦争を戦った日本と米国は、歴史にまれな、深く、強く結ばれた同盟国となりました。

 それは、いままでにもまして、世界を覆う幾多の困難に、ともに立ち向かう同盟です。明日を拓(ひら)く、「希望の同盟」です。

 私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした、the power of reconciliation、「和解の力」です。

 私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領とともに、世界の人々に対して訴えたいもの。それは、この、和解の力です。

 戦争の惨禍は、いまだに世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。

 寛容の心、和解の力を、世界はいま、いまこそ、必要としています。

 憎悪を消し去り、共通の価値のもと、友情と、信頼を育てた日米は、いま、いまこそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。

 日本と米国の同盟は、だからこそ「希望の同盟」なのです。


*   *   *


 私たちを見守ってくれている入り江は、どこまでも静かです。

 パールハーバー。

 真珠の輝きに満ちた、この美しい入り江こそ、寛容と、そして和解の象徴である。

 私たち日本人の子どもたち、そしてオバマ大統領、皆さんアメリカ人の子どもたちが、またその子どもたち、孫たちが、そして世界中の人々が、パールハーバーを和解の象徴として記憶し続けてくれる事を私は願います。

 そのための努力を、私たちはこれからも、惜しみなく続けていく。オバマ大統領とともに、ここに、固く、誓います。

 ありがとうございました。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&id=4362190&from=home&position=1

(解説)

戦後体制からの脱却を言うのなら、終戦から70年も経って、この演説は必要ないと思いますよ。
中国が過剰反応していますが、油を注ぐ型になっていますね。
こんな感じでやるのなら、100年後も、200年後も、左翼自民の総理が、真珠湾にいくんでしょうか?
アーリントン墓地で、日本兵を殺した米兵を供養しているんだし、複数箇所でやる必要があるのかどうか。
そもそも、大東亜戦争がはじまった理由は、何なのか、そこへも言及すべきですが…
右翼ではなく、完全に左翼ですね、安倍は。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-28 20:57 | ☆ 自民党について
2016年 12月 27日

PKO日報破棄、左翼自民の北拉致主犯1兆円献金も、議事録破棄

☆南スーダンPKOの日報廃棄=事後検証に支障も―防衛省
 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊が作成した日報が、全て廃棄されていたことが分かった。防衛省が26日、明らかにし た。7月に首都ジュバで発生した大規模な武力衝突についても日報が残っていない。事後検証に支障を来す可能性もあり、防衛省の対応に批判が出そうだ。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=voice&id=4360154

(解説)

自衛隊の日報破棄は、左翼自民党の指示かな?
あと、自衛隊の私物化もありましたね。
東北で戦争反対する人を、情報保全隊を利用して、監視させたり…

別件、

以前、小泉と安倍が、北朝鮮を訪朝した際に、拉致主犯に1兆円以上を献金したじゃないですか。
一体、何を話したのか、突っ込みどころ満載でしたが、議事録が処分されていた。
拉致主犯に対する、1兆円以上の献金もそうだけど、余程ヤバイことが記載してあったんでしょうね。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-27 17:31 | ☆ 自民党について
2016年 12月 26日

ゆがんだ天皇陛下への思い、極左自民党狂信者の愚

☆天皇陛下、新年の感想取りやめ=年末年始の負担軽減で―宮内庁
 宮内庁の西村泰彦次長は26日の定例記者会見で、23日に83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下の負担軽減のため、新年に当たっての感想の発表を、来年から取りやめると発表した。

 陛下は即位以降毎年、年頭に当たっての感想を宮内庁を通じて文書で発表していた。西村次長によると、年末年始は天皇誕生日や新年の祝賀など恒例の行事が多く、新年の感想以外に記者会見や一般参賀のあいさつの原稿なども準備する必要があるため、高齢の陛下には負担が大きいと判断。陛下の了解を得た上で取りやめを決めたという。

 天皇、皇后両陛下が昨年詠んだ和歌の発表や、1月2日の一般参賀など恒例の行事は例年通り行う。西村次長は「宮内庁としては陛下のご年齢に応じた公務のあり方を常に検討しており、今回もその一環」としている。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=4359413&from=home&position=1

(解説)

極左自民党狂信者が、こう述べています。

「自民党政権に戻ってから、天皇陛下の露出が多くていいですね。」

これって、反日の在日の感想でしょうか?
露出が多いということは、それだけ天皇陛下が酷使されているということなんです。
スケジュールが、詰められているってことなんです。

自分のことしか考えていないから、露出が多くていいとか言って、酷使されてる側のことなんて、何も考えてない。

民主党政権下の時に、仕事を減らして欲しいという要望が、皇室側から出ており、要望を快諾しています。

常に自民党狂信者のデマ捏造は、反日の在日にそっくりです。
シュウキンペイが、天皇陛下と会った時に、高級文具をプレゼントした上で「お会い出来て光栄です」と述べています。
ところが、自民党狂信者は、高級文具をプレゼントしたことや「お会い出来て光栄です」言ったことを全部なかったことにして、民主党批判。

やり方、やりクチ、まるで反日の韓国人にそっくりなのが、朝鮮自民党支持者。
彼らから、日本人の雰囲気がまったくしない。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-26 17:42 | ☆ 自民党について
2016年 12月 25日

不戦の誓いは米国間とだけ、左翼安倍自民のことば遊びに騙されるな

☆<安倍首相>真珠湾で不戦表明へ 26日ハワイに出発
 安倍晋三首相は26日、米ハワイ・真珠湾を訪問するため日本を出発する。現地時間の27日午後(日本時間28日午前)、真珠湾攻撃で沈没したままの米戦艦の真上に建つアリゾナ記念館を訪れてオバマ米大統領と共に献花し、哀悼の意を表す。日本の首相が記念館を訪れるのは初めて。その後、首相は不戦の決意を盛り込んだ所感を表明する。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=voice&id=4357790

(解説)

不戦は米国間とだけ。
武力で米軍を助ける土下座外交はしているから、米軍加担の紛争ならする。

左翼自民の主張
何度も繰り返された国会答弁より

1 米国に向かって行くミサイルを撃ち落としたい
2 米艦船が攻撃されていたら助けたい
3 合法的に多国籍軍に給油したい
4 合法的に多国籍軍の後方支援をしたい

自民を支持する、反日極左は、集団的自衛権は、愛国の為だと捏造をして日本人を騙しています。
嘘も100回言えば、真実となるという主張が、極左売国勢力です。

不戦の誓いというのは、あくまでも米国間とのことで、米国に従属することが極左自民の目論みです。

民進枝野が、防衛のことを本気で考えるのなら、個別的自衛権の議論の方ではないか?
と正論を述べていますが、その議論は一切しようとしないのが、極左自民です。

反日極左が、集団的自衛権は、愛国の為だと捏造しているが、左翼安倍は韓国の後方支援が出来ると明言している。
極左のいう愛国とは、朝鮮半島のことであることが明確に証明される。
極左自民の支持者は、日本人じゃないですね。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-25 22:31 | ☆ 自民党について
2016年 12月 24日

ギャンブル依存症等対策室?それならカジノ不要では?

☆<政府>依存症対策室設置へ…カジノ法成立受け
 政府は「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)の成立を受け、内閣官房に近くギャンブル依存症等対策室(仮称)を設置する調整に入った。省庁横断の組織で予防や医療体制の整備に取り組む。22日に発足する関係閣僚会議の事務局の役割も担う。

 国会はカジノ法に関する付帯決議で、依存症への総合的な対処や予算措置などを政府に求めている。対策室は厚生労働省、文部科学省、警察庁などの職員で構成し、カジノだけでなく競馬、競輪、パチンコなどに起因する依存症の予防策や治療・相談体制を検討する。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4353455&media_id=2

(解説)

国民の税金から、ギャンブル依存症等対策室を設置するのなら、カジノが不要なのでは?と思います。
ミエミエの状態ですが、カジノに反対をする人を黙らせる目的で、やっているのが分かりますよね。
つまり「ギャンブル依存症等対策室があるからいいでしょ?」と言うために…

反日極左自民の政策は、マッチポンプが多いですけどね。
例えば、
巡視活動の停止命令を出したのは、政府なのに、竹島が侵略されちゃった。
自衛隊が存在している時に、竹島の護岸工事、上部構造物の設置がなされているのに、海上封鎖をしないで、やられちゃった。
自民の売国を隠蔽する目的で、何十年も竹島の件を教科書に掲載せず、何か問題でも?
とか、自作自演みたいなものが、とても多い。

本件だって、カジノを導入しておきながら、ギャンブル依存症等対策室…(苦笑)

さすがに、反日極左が支持しているだけのことはありますよね。
右翼な部分がないのに、極左自民を、右翼と呼ぶのやめて欲しいです。
まともにやっている、右翼の人が迷惑していますよ。

左翼安倍の言う、
これからは、国境もない、人種もない、民族もない、
そうして、日本をシンガポールのように改造しようとしているんじゃないですか。

保守/右翼の人は、これにめげず、極左自民の政策にどんどん反対していきましょう!
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-24 09:10 | ☆ 自民党について
2016年 12月 23日

左翼自民の物価引き上げの影響、はがきなど本格的値上げへ

☆来年6月、はがき62円=23年ぶり本格値上げ―日本郵便
 日本郵便は22日、はがきと定形外郵便物、ゆうメールの料金を2017年6月1日から引き上げると発表した。郵便事業の黒字維持が狙い。消費税導入・増税時を除く本格的な郵便料金の値上げは1994年1月以来、約23年ぶりとなる。赤字幅が大きい通常はがき(現行52円)は10円値上げし、62円とする。

 年賀はがきは12月15日から翌年1月7日の間に「年賀」と明記して差し出した場合に限り、52円のまま据え置く。封書のうち定形郵便物は82~92円を維持する。

 定形外郵便物は規格を定め、それに収まらない大きさのものは重量に応じて80~150円値上げする。規格内のものは一部を値下げするが、平均で1通当たり100円程度の値上げとなる。

 ゆうメールも規格を超える場合に85~100円値上げする。

 日本郵便は今回の値上げに伴い、通常はがきの差し出し数が年間約2億枚減る一方、年300億円程度の増益効果があると予測。17年度の営業赤字転落が確実視されていた郵便事業が黒字を確保できるようになるとみている。

 同社は「22年間、営業努力で(実質的に)価格を据え置いてきたが、流通量減少や人件費上昇で赤字が拡大した。値上げを理解してほしい」(郵便・物流商品サービス企画部)と説明している。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=voice&id=4354773

(解説)

極左安倍が、物価の引き上げを強要しているが、本当にろくなことがない。
極左自民に投票した人は、非国民、売国奴です。

物価を引き上げれば、色々なものが、引き上がるのは当然じゃないですか。
左翼自民の政策は、一部土建屋だけが儲かる政策で、ほかの人たちには何ら関係がない。
[PR]

by ainu-1 | 2016-12-23 12:39 | ☆ 自民党について