真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

sinjitu9.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 09日

中国潜水艦にキャノンのカメラ?自衛艦の装備も検討が必要…

☆中国軍自慢の潜水艦がキヤノンの一眼レフを装備? 思わぬ軍事機密に発覚に、ネット民が大騒ぎ!
 中国が、海洋進出のための軍備増強を続けている。先日、遼寧省大連市の造船所で、中国初の国産空母の進水式が執り行われたばかりだが、さらに米科学誌「ポピュラー・メカニクス」によれば、原子力潜水艦4隻を同時に製造可能な潜水艦建造工場を建設中だという。



 しかし、こうした軍事面の躍進に歓喜するネット上の「愛国者」たちに水を差すような画像が出回っている。



 それは、人民解放軍海軍の攻撃型潜水艦、039型潜水艦の内部で撮影され、国営軍事サイト「央広軍事」に掲載されたもの。潜望鏡に装備されたカメラのモニターを兵士が凝視している1枚の写真なのだが、そのカメラというのが、どうやらキヤノンの一眼レフだというのだ。写真からは、ブランドロゴなどは確認されていないが、フォルムは確かにEOSシリーズに似ている。



 039型は、北朝鮮情勢が緊迫化する中、朝鮮半島周辺に派遣され米打撃艦隊の警戒にあたっているとの情報もある。そんな現役艦の、敵を視認する重要装備に日本製品が使用されているという事実に、中国のネット上は素早く反応。中国版Twitter「微博」では、


「愛国であるはずの解放軍が、なぜ国産品を使わないのか?」

「日本と戦うことになっても、日本製を使い続けることになるんだな。皮肉なものだ」

「潜水艦は作れても、まともなカメラすら作れないということか」



などと、日本製採用を批判する書き込みが寄せられた。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170503/Cyzo_201705_post_21744.html

(解説)

この記事を読んで、人民解放軍のことを笑った人も多いと思う。
キャノンのカメラは、潜望鏡からの映像を撮影するのに使うだけであると確信する。

我が日本国の自衛艦にも、やや問題があると思う。
搭載されている武装であるが、オットーメララ、シー・スパロー、アスロックなど名称からして日本製ではないことが分かる。
かつての大戦の時には「言うことを聞かないと資源を止めるぞ!」という脅迫があった。
現在なら「言うことを聞かないと武器を売らないぞ!」という脅迫が成り立つ。

明治維新以降、あらゆる部分で国産を目指す運動があったが、列強から脅迫を受けない為である。
現在、日本では表面的な部分だけで、明治の日の策定があるが、明治時代の人の精神も理解した上での周知をするべきではないだろうか。

特に、この自民党政権で、米国から強襲艦の購入の話まで出ている。
自国で建造せずに、船をそのまま購入する案が浮上している。

技術力の後退をさせない為にも、自国で建造した方がいいし、武装も国産化していくべきだと思う。
[PR]

# by ainu-1 | 2017-06-09 20:30 | ☆ 自民党について
2017年 06月 08日

自民公明は、改憲よりもまず軍隊の扱い方や防衛を学ぶべき!

☆9条に「自衛軍」明記を=中曽根元首相、自著で主張
 中曽根康弘元首相の著書「国民憲法制定への道」が24日に発売される。憲法施行70年を機に憲法改正に関する考えをまとめた。安倍晋三首相が最優先課題に掲げた9条改正に関し、中曽根氏は自衛隊を「自衛軍」として2項に明記すべきだとの考えを示した。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4568284&media_id=4&from=shared_ranking

(解説)

自民公明は、確信犯として何も分かっていない。
憲法の改訂が、必要なのではなく、軍隊の運用論や防衛論の方が先にくるべきことを。

竹島が韓国に実行支配された理由は何か?

政府による、巡視活動の停止命令、
竹島に建造物を作る為の資材搬入を知りながら、海上封鎖をしていない。など…

現行憲法でも出来ることで、海上封鎖や、正当防衛射撃があるが、出来ることを一切やっていない。

自国の領土を守る為に、海上封鎖をすることは、戦争行為ではない。
自国領土の保守にあたる。

現行憲法でも、問題なく出来ることをやらずに、みているだけの状態にしたのが自民党である。
ハッキリ言ってこれは、憲法の問題ではない。
むしろ、国を守る概念や信念、志の問題であり、憲法以前に問題ではないか?

自民党狂信者が、売国を正当化する為に、捏造を拡散しており自衛隊がない時期に竹島が占拠されたとデマを流している。

竹島に関する、上部建造物の建設、護岸工事、レーダーの設置、大砲の設置など、すべて自衛隊が出来て以降のことである。
自民の売国を必死で誤摩化す、狂信者の姿勢も、改憲となんら関係がない。

・・

また、狂信者の主張は常に意味不明である。
韓流を引き込んだのが自民党にも関わらず、韓国が嫌いだから、自民を支持してると…

逆ではないのか?
韓国が嫌いだからこそ、自民を許せないのが普通ではないか?

・・

中曽根について、
中国に打診して「靖国参拝してもいいですか?」と聞いたことで、有名な人物である。
これを切っ掛けとして、中国が靖国問題を外交カードに利用し始めたと言われている。
[PR]

# by ainu-1 | 2017-06-08 18:55 | ☆ 自民党について
2017年 06月 07日

日中問題、中国人の中にも自覚あり?では解決の道を…

☆なぜだ! 日本はなぜ再び中国を敵視するようになったのか=中国報道
 現在となってはなかなか信じられないことだが、日本と中国はかつて蜜月と呼べるほど良好な関係だった時期がある。だが、近年の日中関係は冷え込んでおり、政治・経済など様々な分野で競合関係にあると言えるだろう。

 中国メディアの騰訊大家は20日付で、故・小渕恵三氏が総理大臣だったころは日本政府が親中政策に傾いていたと主張する一方、21世紀に入ると親中政策は終焉を迎えたと指摘し、「日本はなぜ再び中国を敵視するようになったのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本人が今、中国を敵視するようになったのは「政治家の考え方」と「日本国内の一種の空気」によるものだとし、この「空気」が生じたのは、自国の経済や政治に失望した日本人が「新型のうつ病」を患うようになったことが理由だと主張。またその苦悶を吐きだすために日本国民は「社会の敵」を探し求めるようになり、たとえば日本はかつて「ゆとり教育」を社会の敵とみなし、また「官僚」を社会の悪の根源として批判したこともあったと論じた。

 そして、日本で尖閣諸島(中国名:釣魚島)の国有化を実施したことで、日本国民は「中国を日本社会の敵とみなし、苦悶のはけ口とするよう強制された」と説明。また、これは第2次世界大戦後に米国によって抑圧されていた日本人の愛国心に訴える力もあったため、結果として日本国民が自分たちではコントロール不可能な「空気」が生じるに至ったと論じた。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170427/Searchina_20170427074.html

(解説)

中国人の中にも自覚がある人がいる様ですね。
それなら問題解決の道を歩んで欲しいものです。

尖閣諸島に公船を夥しい回数派遣したり、ガス田櫓から日本側の資源を吸い上げたり…
日本から多額なODAを受けて来た事実がありながら、えばり腐ったり…

中国の横暴もさることながら、中共に協力してきた自民・公明も問題だとは思いますが。
[PR]

# by ainu-1 | 2017-06-07 22:50 | ☆ 自民党について
2017年 06月 06日

民主党政権から試験運用が続く、日本版GPS、日本防衛に役立つ!

☆日本版GPSの打ち上げ成功で世界は恐怖に陥る?―中国メディア
2017年6月2日、中国メディアの中金網は日本が日本版GPS衛星「みちびき」2号機の打ち上げに成功したことを伝え、世界にとって恐怖になるとする記事を掲載した。

記事は、6月1日午前9時17分に、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が種子島宇宙センターから、日本版GPS(全地球測位システム)を目指す準天頂衛星「みちびき」2号機を搭載したH2Aロケット34号機を発射したと紹介。打ち上げから約28分後に衛星を分離し、所定の軌道へ投入して打ち上げは成功したと伝えた。

記事によると、日本は2017年中にさらに2基の準天頂衛星を打ち上げ、2018年の春には誤差6センチメートルの位置情報体制にするという。自動運転等の民間サービスのほか、安全保障の分野で応用される。

この「みちびき」は日本のほぼ真上にいる時間が長い軌道を飛ぶため、建築物や山間部などでも電波を遮られることがないという。これまでスマートフォンなどで使用されていたGPSでは、建築物や山のために電波が遮られ、都市部や山間部では誤差が10メートルもあったが、みちびきとGPS、地上設備を同時に使用することで、誤差を6センチまで縮めることができると紹介した。

日本政府は、2023年までには「みちびき」を7基体制にする計画で、7基になると、米国のGPSに頼らず、日本の衛星だけで位置情報を取得できるようになる。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170603/Recordchina_20170603004.html

(解説)

この記事をみて、自民党狂信者は、必ずこう述べると思う。
さすがに、安倍政権だなと…

しかし、民主党政権から、GPSの試験運用が試みられて来た。
世間では、自民党狂信者が、ミンスガー!ばかりを連呼して政治妨害を繰り返して来た為に、民主党のよい動きは理解されていない。

これまで、自衛隊のGPSは、米国の衛星に依存して来た。
もし、米国が裏切って回線を遮断しようものなら、洋上で航行する自衛艦、地上を行く戦車や装甲車は、みな鉄屑になる。
そうした問題から脱却する為に、実は、民主党政権でも試験運用版衛星を打ち上げる計画は実行されていた。

民主党が、実行し成果を横取りされたものは多々ある。
例えば、
1 対韓流政策であるクール・ジャパン
2 レア・アースの一国依存の脱却
などである。

自民党は、巨大な箱ものを建設して、国内でコンテンツ・ファンドを実施する案を考えていた。
民主党の様に、日本国、企業全体の活性化を生み出す為に、文化を海外に押し出す政策とは、本質が異なるが、パクリなどと自民党狂信者は捏造することが多かった。

安倍は、米国追従型の政治がいい政治と述べている。
安倍自身としては、GPSなどは、米国から借りればいいという姿勢でいたのが本音だと言っても過言ではない。
防衛計画の多くは、自衛隊が発案して、それを政治家が了承するかどうかであるが、民主党がGPSの自立に快諾したことが、今日の成果に繋がっていると言える。

自民党狂信者は、真実の自民の姿をまったく知らない。

冷戦が、終了直後、自衛隊は「対中シフト」に変更して欲しいと要望を繰り返し打診するが、自民党は中国を刺激するという理由から、自衛隊の要望を却下し続けて来た。
防衛大網に「対中シフト」が組み込まれたのは、民主党政権からである。

どのような背景から「対中シフト」が防衛大網に組み込まれなかったのかすら、自民党狂信者は知らず、自民を保守だと思い込んで支持している。
こうした間違えは、国益に反している。

中共に3兆円も支援して、有償終了後も、毎年300億円の無償ODAを実施して来たのが実情と言える。
そして、ODAから中国が外れたような演出をしながら、二階と安倍が共謀しながら無償で100億円を献上している。
中共からみて、まさに安倍組み易しである。
[PR]

# by ainu-1 | 2017-06-06 22:03 | ☆ 自民党について
2017年 06月 05日

米国赤字貿易への対処、中曽根政権の生産調整と同じ

☆有休取得「3日増」へ調整=実施企業に優遇措置も―政府
 政府は2018年度の企業の年次有給休暇(有休)の取得について、今年度比「3日増」を新たな目標に掲げる方向で調整に入った。有休の取得を促して個人消費の拡大や観光振興につなげ、回復の遅れが目立つ地方景気の底上げを図る。有休を増やした企業に対する助成などの優遇措置を講じることも視野に、取得促進の仕組み導入を検討する。政府関係者が5日、明らかにした。

 政府は現在、有休取得率について「20年までに70%」を掲げるが、政府の調査によれば15年は48.7%と目標に遠く及ばないのが実情だ。1人当たりの有休付与日数は18.1日なのに対し、実際の取得日数は8.8日にとどまっている。

 このため政府は企業に対するインセンティブとして、社員の有休取得を増やした場合、代替要員の確保などに必要な助成を行うことを検討する。労働基準法を改正し、一定の日数の有休取得を使用者に義務付けることも視野に入れる。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=voice&id=4606301

(解説)

中曽根政権の時に、米国から、貿易赤字解消をせよの指示を受ける。
そこで自民党政権が、行ったのが…

1 生産調整、週休完全2日制、及び、残業の抑制
2 将来の生産鈍化を目標として、ゆとり教育の実施(人の能力を故意に落とす)
3 米国製飛行機、多量購入の為に、飛行場の多量建設など

現在、米国の赤字は、日本よりむしろ中国の方が深刻な筈だが、日本を子分だと思っているせいか、何故か日本に風当たりが強い。
そこで、左翼安倍政権が、実施する生産調整が下記である。

1 プレミアムフライデー
2 キッズホリデー
3 今回の有給増

さて、国民は大きな問題に気がつくべきである。
左翼自民は、売国政党だと言われない為に、あたかも国民の為を思って実施しているかの様に装っている。

しかし、その裏にある現実を国民はみるべきである。

中国・韓国は、日本に追いつけ、追い越せ、その立場や優位性を奪え!とえげつない努力をして国たちだ。
我が、日本国が、米国の赤字に配慮をして、中曽根政権の時より生産調整がなされて来た訳だが、GDPで中国に抜かれているではないか。
こうした状態は、大袈裟に言えば、主権喪失とも言える。

左翼自民・公明が、日本の生産ラインを外に出し、技術流出までして来たが、日本国の優位性がなくなってしまう。
隣国、さらには欧州の列強に負けない様にするには、生産調整ばかりではダメだ。
日本人を遊ばせることばかり言うが、国賊自民党は、中国人を引き込み現在在留中国人は、69万5千にものぼる。

この69万5千が、人民解放軍の兵士だと仮定したら、大変な大部隊ではないか。

左翼自民・公明のデタラメ政治に大きなメスを入れる必要がある。


↑そもそも国賊自民の生産調整と、ほか国策が大矛盾でしょ?
外国人家政婦や、外国人ベビーシッターを日本の家庭に入れ込めば、女性は外に働きに行けると…

女性を外に出すのは、働かせて税金を絞る取る為だけど…

そう言うおかしな政策があるのに、生産調整もある(苦笑)
[PR]

# by ainu-1 | 2017-06-05 21:16 | ☆ 自民党について